読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吉田修一「怒り」読了

 図書館で予約して、何ヶ月待ちだったんだっけかな……上下巻だけどあまり長くないので、仕事の往復と仕事中に、二日弱で読了。

怒り(上)

怒り(上)

 

 

怒り(下)

怒り(下)

 

吉田修一らしい、鋭利なのにふわっとした感じ。
新しいことをやってるなあ、とおもう。

以下、内容に触れることを書くのでこれから読まれる方は見ないでね。

 
ふつうの小説だと、辰哉くんにもうちょっとスポットを宛てるとおもうのね。なんで田中を死なせたのかということに説得力がないと、最後「ええ~……」ってなるとおもうから。でも吉田修一はそこをじっくりやらない。そこがなんか、このひとらしいなあ、とおもった。やりたくないんだろうな。そういうことは他の小説家が散々やってるしね。

じゃあ説得力がないかっていうと、そうでもない。そうでもないんだけど、必然性は薄い気がする。割合としては丁度いい感じがするんだけど、なんだろう、物足りないっていう。うーん、どうしたらいいのかはよくわからない。でもきっと、このふわっとした物足りなさが吉田修一の持ち味だとおもうし、わたしは好きだな。じゃあ本買えよっていうね。すみません。

でも吉田修一作品の中では、あんまり好きなほうでもないな。ふつう。