読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戯曲、その後

夏に「書けない」といっていた戯曲が相変わらず書けていません。死んだほうがいいのかな……? ううん、よくない、よくない。

夏に考えていたのは、

  1. まずお葬式の場であるということ
  2. 死んだのは60歳前後の男性A、離婚歴2~3度
  3. 娘を3人残している(娘の母親はぜんぶバラバラ)
  4. その娘3人と、現妻と前妻の5人でわいわいやるドラ

という設定にしていたんです。主人公は末娘の女子高生(ギャル)。この娘が実は妊娠していた……という話だったのですが、前にも書いたとおり、まーつまんねえつまんねえ。どうした俺? っていう感じで、第一稿を八割がた仕上げた後、ぶん投げたまま5ヶ月放置してやりました。アハハ

といいつつ締め切りが今月末なわけだし、さて、どこをどうしたら面白くなるんだろう? ということをずーっと考えていて、いろいろ本を読みました。すると、「ドラマとは葛藤である」ということをあちこちで散々読むわけです。脚本家の新藤兼人などは「シナリオは(起承転結というよりむしろ)序、葛藤、結である」というようなことを云っていて、まあそれくらい葛藤なわけです。葛藤。

シナリオの授業でも先生が散々「struggleが大事なんだ!」と仰っていたのですが、これも要は葛藤とか、争う、あがく、奮闘する、というような意味ですね。素晴らしいドラマにはstruggleがある、と。この対象はもちろん、対人でなくても、対世界(自然)だったり、対自分自身だったりしますが、そのstruggleこそがドラマなんだ、ということです。

で、みてみると、わたしの戯曲はどうもstruggleが弱いというか、しょうもないんですよね。女子高生とかまじで、どうでもいいし。考えてみると、我ながらなかなかうまくできたなーとおもっている映像シナリオの課題は、struggleがよかったような気がするし、うん、やはりこれは、struggleを軸にして物語をもう一回見直してみよう、ということになりました。

その後いろいろ考え、あーでもないこーでもないとこねくり回し……例えば、死んだ男は身内に殺されていて、いったい誰に殺されたのかを紐解いてゆくとか、例えば、男Aの遺産を巡って争ってみるとか、例えば、母娘の愛のドラマを主軸にして、父親の葬式で母の愛に気づく娘とか……まあいろいろほんとに考えてみたんだけど、ふと、気づいたというか、考えれば考えるほど悩むのは、「わたしって何を書きたいんだろう?」みたいなことで。青臭いんですけど。

まあ云っちゃえば主題(テーマ)みたいなことですよね。「おかあさんの深い愛」や「お金で争うことの醜さ」といった主題が明確になれば、それをいかに「見せる」か、どういう配役になにを云わせて、どう動かすかがおのずと決まるというか、勝手に動くというか、プロットさえ出来ちゃえばあとはもう自動筆記なわけです。映像シナリオ書いたときはほんとそうで、プロットに即して、なんにも考えずにばーっと数時間で書けちゃったし、そういうものだと先生も云ってました。逆に何か詰まったときは、プロットが弱いときだ、と。わたしは特に、ことば選び(語感とリズム)には絶対的とも云える自信を持っているので、プロットさえできちゃえばもう! あっという間なんですよ!! わかってるんです!!

が、プロットが……できない……。

struggleを思いついても「おかあさんの深い愛」とか「お金で争う醜さ」について、ほんとに書きたいか、わたし? ほんとにそんなこと書きたいんか?? と自問自答してしまうんですよね。ちなみに映像シナリオのテーマは「自然の美しさ、音楽の持つ力を映像で伝えたい」で、struggleは中学生の男子とその父親、だったんですが、うまいことまとまったんですよねー、ちいさく。なんでだろう。……うーん、もしかしたらテレビをバカにしてるからかもしれません。まあこの程度でいいんだろ、的な。でもお芝居はやっぱり、伝統と格式があるし、芸術ですから!! みたいな気負いがあるのかも。別に、ちいさくまとめていい気もするんだけど、うーん。

つーことでまああれこれ考え、やっぱり自分の興味のあることを書きたいんや! とおもったので、男Aを精神病質者として、娘たちの受けた虐待とか、赦しとか、救済のものがたりにしたいなとおもっています。な、なかなかキツそうですけどね……。

最近ずーっと、精神病質者についての本をたくさん読んでいたので、どうせならこれを役に立てよう、とおもったわけですが、まだまだ足りないなーということで、黙々と読書をしております。レポートやれよ……まじでやばいって……

今日ざっくり計算したら、あと100本くらいレポート残ってるから、週に2本書き続けて1年かかるんだなーということに改めて気づき、でもそのペースでやってたら卒業制作もできないしスクーリング期間もやらなきゃいけんし試験受けに行く日もあるから試験勉強もしなきゃいけないんだけど……ってもうほんとパニックになりつつ、今日も読書をしてました。やっぱり死んだほうがいいのかな……? いや、逃げない、逃げない。

しばらくはここでまた進捗とかを……書いてゆきたい……えっちゃんしか読んでないかもしんないけど、長いし推敲してないしまじ独り言だから読まなくていいですいつもありがとう、あとあけましておめでとう