読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日の文章が下手すぎて吹いた

なんで昨日書いたブログあんな文章へたくそなん……?

ごきげんよう、堀井です。堀井世界観です。世界観ていう名前のひとの書いた本が気になる~! 尾崎世界観だっけ? 確かミュージシャンで、本名がユウスケ(漢字忘れた)で、書名もユウスケで、「ユウスケが世界観になるまで」みたいな本で、そんなんどーでもえーんじゃ勝手になっとれとおもいつつ、名前に世界観ってつけるひとの書いた本というだけで読みたい、世界観て。親近感しかないわ。あっ堀井親近感ってどうかな? どうかな? じゃねーよ。

しかしなんだ昨日のブログ。へたくそか。へたくそすぎか。笑える。どうした? 推敲しなかったのか? うん、しなかったけど……しなかったからとかでなく、しなくても元々であんな下手に書けないだろ。リズムがたいへんわるくて気持ち悪いよね、特に最後のところなど、「行ったらレポートしますね」ってなんだよ。なんだよ!(笑)←このくらいおかしいよ!

わたしはスルスルと流れるように読めるものしかなるべく書きたくなくて、喩えるなら水みたいなやつしか、せいぜいカルピス、なんだけど、昨日のはシチューである。ホワイトシチューである。しかもけっこう小麦粉いれたよね!! だまになってるよね、さいごのとこ!! あーもー最低だ。でもなんか、あえて直さずに、こうして「わかってますよ」的なことを書いてフォローしているという、みっともないことをしています。堀井です。

わたしは基本的にみっともない人間で、わたしからみっともなさを取ったらほとんどなにも残らないほどですが、然るに、わたしの考える「面白くて且つみっともなくない人間」っていうのはもうすごい天才か努力家のどちらかで、どちらにしろとても高いところにいて、わたしら庶民は「面白くないか、みっともないかの二択」しかないとおもうんですよ、そしたらもう断然みっともないほうがマシです。面白くないなら死んだほうがよいです。世の中には「みっともないなら死んだほうがよい」とおもうひともたくさんいるけど、わたしは、面白さのためならみっともないこといっぱいするな! だって面白くなければ生きてる意味ないもんね!

それくらいわたしの人生は面白かったか、というと、うーん……うん、面白かったですね。ありがとうございます! Miitomoっていうスマートフォンのアプリで、Miiという自分の分身にあれこれわたしについて質問されるのですが、なんかこう、自分のいままでを掘り下げるわけですよ……友情ってなに? とか、好きな異性はどんなの? とか、こどもの頃なにして遊んでた? とか、いちいち考えるわけです。でもなかなか面白いことって書けない、というか、面白いことを書くかマジで書くかの二択で、ついマジを選んじゃうっていう自分のつまらなさね。マジで俺がどう思うかなんてどうでもいいのに、マジな回答をしちゃう俺ね。要らんわ、お前のマジな心理、お前しか興味ねーわ、とおもいながらね。そんで、ラミーの回答がすごくおもしろくて、やっぱりラミーは天才だとおもった。ラミーっていうのはMiitomoをやっているわたしのともだちなんだけど、ラミーの質問のこたえを読んだり、わたしの回答にコメントをつけてくれたりするんですよ、それがいちいち、本当にすげえ面白い子で、子っていう年齢でもないけど、とにかくむちゃくちゃ面白いのにぜんぜんみっともなくなくて凄い。彼女は天才なうえに努力するひとで、わたしは彼女より天才的なひとと知り合ったことがなくて、もっとまわりのひとに「このすごい面白いともだちを見てくれ!!」って云いたいんだけど、ラミーは「そういうのめんどくさいから要らない」って絶対に云う。わたしがそんな風に云われたら「もっと、もっと頂戴!! 広めて頂戴!!」ってなるからそのへんがわたしはみっともないんだよなーと自覚はしています自覚はしていますが絶対に頂戴って云いますみっともないからね!!!

というようなことを久しぶりに垂れ流していますが全然あたまは使っていません(ざんねん。。。

とにかく昨日の文章が酷すぎて、大慌てで書いただけなんだけど、やっぱり毎日書かないとどんどん下手になっていくんだなーと痛切に思い知らされています。いま読んでいる大沢親分、じゃなかった大沢在昌(ある意味親分)の小説講座にも、絶対に毎日書け!! って書いてあって、ほんとそうだとおもう。スポーツと一緒で、使わない筋肉はどんどん衰えるので、毎日筋トレしないとあかんです。ブログは筋トレです。

そうそう、小説講座おもしろいです。わたしはハウツーものっていままでほとんど読んだことなかったんだけど、目から鱗が落ちますよマジで、「先のプロットを考えずに、主人公をこれでもかというくらい残酷な目に遭わせて、そのまま原稿を編集部に送る。そんで『やべーッ! 主人公どうなるんだ、考えなくちゃ、このままじゃ死んじゃうよ!!』って状況に自分を追い込む。すると、なんとか解決策が出てくる」とか書いてて、なにそのいい加減さ……! って痺れました。

とにかく編みかけの小説を終わらせたいので、なるべく毎日ブログを書いてリハビリしようとおもっていますが、下手くそすぎて脱糞するほどなので、無理に読んでくれなくていいです、トイレに行ってください。