読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おそ松的なひととの別れ

たとえば周りのひとに「どうしたらいいと思う?」って訊いても「うーん……好きにすれば?」って云われるとおもうんですよね。まあ、相談なんてそんなものですし、ほかに助言のしようもないし、「ですよね」っていう話ですよね。っていきなりなんのことだよって感じですけど、ブログとか書かなすぎで書き方がよくわからんのですよ。特に書き出しが、まあ書き出せてしまえばあとはもう、脳内の自動筆記なのでどうということもないので(賛否や善悪の是非はともかく)、だらりとそのまま脳内を垂れ流してみたわけですおはようございます。

ここに書くことで頭の中が整理されるし、読んでもらうことで誰かになにか助言でも意見でも肯定でも否定でも、なにか云ってもらえたらなあと思ったりするんですが、そんなものを公の場に出すってどうなんでしょうね? ってお前何年ウェブにもの書いてんだよ! 21年だよ! お、おお……やばいな、人生の半分超えたぜ……。

家主さまことおそ松的なひとが、俺と息子が出て行くのなら死ぬわ、と云ってるんですね。まあ、そういうことよく云われるんですけど、彼に限らず人生で、お前に棄てられるなら死ぬ!! みたいなことは割と云われ慣れてるんですけど(いやな慣れだな)、そういうこと云うひとは死なないですよね。そんで、そんなこと露とも感じさせないひとがいきなり自殺するんです。ほんと、あるあるですよね。でもあるあるだからって「はいはい、ご自由にどうぞー」とはやっぱり云えないんですよ。これで彼が「お前が出て行くんなら死ぬぞ?! ホントに死ぬぞ?! 死んじゃうからな?!」みたいな、脅しで云ってる感じなら「はいはい」で済むんだけど、「わたしと息子が出て行ったあと部屋どうすんの?」「や、出て行く前に死ぬから(さらりと)」「……むぐぅ」みたいなノリで。引き止めてほしくて云ってるなら「はいはい」なんだけど、そういうんじゃないんですよね。ただ、出て行くんなら生きる理由がなくなるから死ぬだけで、だから出て行かないで欲しいとかそういうんじゃないし、出て行かないで欲しいからそうされないためにがんばる(わたしの理想とする生き方に合わせる)みたいなことをする気も無いので、たぶん俺は死にたいんじゃないかと思うなーと云っていました。わたしもずっと死にたい感を抱えて生きてきたくちで「死ぬくらいならがんばればいいのに、がんばらないってことは、わたし死にたいんだろうなー」とおもっていたので、その思考回路はよーくわかります。わかるだけに、ねぇ……。

究極で考えたら彼が生きようと死のうとどうでもいいし(それは彼に限らず、むすことむすめ以外の誰でも、母親でも友だちでもそう)、彼がほんとうに死んだとしても「わたしのせいで……」とかにはならない自信があります。そもそも事故死や病死よりも自殺って踏ん切りがつくんですよね。ラブちゃんやがくちんが自殺じゃなくて事故死や病死だったら、わたしもっとつらかったとおもうけど、40過ぎたいい大人が自分で考えて選んで決めたことなんだから、なんか、瞬間はほんとキツいけど時間が経つと「しょうがない」っておもえるっていうか、まあそうおもうしかないんだけど、でも諦められますよね。だって、子どもと夫婦以外で、そんな責任負えないし(そういう責任を負い合いましょうねって契約が結婚だと思う)、「死なれたくないから一緒に暮らそう」なんて彼も望んでないもん。だから「死ぬなら死ぬでいいから、別居してからこっそり死んでくれよ」とおもったりしますが、まあそこまで求めるのは酷なので云いませんよ。ええ。

でもなんか、やっぱりわたしも人間なので「死なれるくらいなら一緒に暮らしてやってもいいかなあ」という気持ちが、ないわけではないというか。一時期はほんとうに殺してやりたいと思っていた相手ですが、いまはそういうこともないし、殺してやりたいと思った理由って少なからず自分の所為もあったし(人間関係のもつれにおいて、どちらか片方だけが100%悪いということは絶対ないしね)……いやまあ、いちばん大きいのは、もうひとり子どもを産みたかったので、早く彼と別れて新しい男と子をもうけなくては! とおもっていたのが、どうでもよくなったことですかね……。

最近また男のひとにプロポーズしてもらって、付き合ってもいないのになんで恋人すっ飛ばしてプロポーズなんだろう、要は結婚を前提としたお付き合いをしてくださいってことか? いや別に恋人になってくれとかもないんだよな……嫁さんになってくれってだけなんだよな、なんなんこれ……と悶々としつつ、まあたぶん「手中に収めたい」という欲望を煽るタイプの人間なんでしょう、わたしが、なので、もういま結婚してって云ってくれてる何人かの中から結婚しちゃおうかなあ有り難いことだし、っておもうけど、いやわたし全然「このひとの子ども産みたい!!」って思えてないんだよなー……と引っかかるわけです。むすめの父親(前夫)もむすこの父親(家主さま)も、いっときは死ぬほど好きになって、絶対にこのひとのこどもを産む!!! とおもっての出産だったので、こども欲しいけど、そう思える男じゃなきゃやだよな~って考えると、いまのわたしでは、もうたぶん出会えないし、いまプロポーズしてくれている4人ほどの男性たちだって、わたしのようなクソ女からしたら勿体ない殿方たちなのです、ぜんぜん有り難い!! ていうかみんなめっちゃいい奴(こんなクソ女と一緒になろうと思ってくれるだけで善良すぎる)だし、見捨てられる前に誰かと一緒になっておけ、老後の心配を減らせ!! という心の声が聴こえるけれど、でも……むすこの父親は家主さましかいないし、もしほかの誰かと再婚したとしてもお父さんにはなれない、させられないし、そんなに憎くもないなら家主さまと暮らし続けてもいいんじゃないか? 大好きで、このひとと結婚したいと望める相手がいるなら別だけどいないし、この先も出会えそうにないし(わたしがクソだから)……でも、いやいや……

疲れた。

別に死なれてもいいやって思うけど、ほんとはやっぱりよくないよね。10年付き合ってるんだし、そりゃ情もあるよ。でもそんな理由で別居を撤回するわけもないし、情で一緒にいてほしくないって云われたし、でも愛とかないし。バカだなあ家主さまは、ほんとうに15歳だなあ、そんなの情しか湧かねえだろ。死なれるのつらいなあ。でもそれを選ぶんだ。わたしはまた仲良しの男に自殺されるのかなあ、いやだなあ。はあ……

だれかに助けてほしい。どうしたらいいんだろう。つかれたし、つらいです。